講師紹介

外壁マイスター講座(教室:名古屋)

水井 哲也(統括講師)

外壁サイディングの営業と工事の工程管理を担当した後、施工職人として実際の工事を行い、さらに多数の職人を束ねる所長としての経験もある外壁サイディングのスペシャリスト。
今までに多数の職人を育成・輩出してきた実績を持つ。

谷内 俊元(専任講師)

外壁サイディング工事だけでなく、内装工事・電気工事・ハウスクリーニングも対応する多能工。
職人や施工業者の指導・管理も経験している。

アプリマイスター講座(教室:東京)

山下 大輔

22歳で起業、その後10年で4社の法人を設立。2008年iPhoneが登場した際にアプリの時代だと確信。アプリについて学び、2015年アプリクッキングを創業。単にアプリを作る会社ではなく、人が使いたくなるアプリを作る会社を目指している。

坂口 望

有明高専卒業後、富士通にシステムエンジニアとして入社し、システム構築からデータベースでの分析など様々なことを経験。その後、大塚商会に転職し、ITツールの営業を経験。システムを作る人、売る人、使う人、全ての人と関わる。2015年アプリクッキング創業時から副社長として現場全てを仕切ってきた。

石井 弘人

大学卒業後、大手システム会社に入社。主にサーバーエンジニアとして開発業務を担当、その後プロジェクトマネージャーを経験後に独立。独立後は様々なプロジェクトのマネージャーを兼任する一方で、エンジニアの教育担当としても多くの企業で活躍。2008年以降はスマホアプリの開発を中心に関わるようになる。2017年からアプリクッキングのCTOとして数百のアプリ開発に関わっている。

菊地 優

大学卒業後大手家具メーカーに勤務。その後WEBデザインに興味を持ち、転職。ホームページのデザイン、制作を10年経験した後に独立。その後は大手上場企業のWEBサイトを中心にデザインを行う。2008年以降はスマホアプリのデザインにも積極的に取り組み、2015年アプリクッキング創業時からデザイン責任者としてアプリクッキングに関わる。

寿司マイスター講座(教室:名古屋)

高田 正光(統括講師)

銀座魚や一丁、竹乃仙などで修行後、海外で和食寿司店舗の出店、100店舗近いチェーン店の海鮮食材バイヤーを経験。リタウン入社後は海鮮事業部長に就任し、飲食人大学の立ち上げから従事。現場で活きる実践型指導者としてメディアにも数多く取り上げられる。

小林 真也(専任講師)

調理専門学校卒業後、非常に厳しい京都の老舗料亭にて修行開始。割烹・会席の基本を習得した後、寿司に特化して従事する。日本料理・寿司技術を指導しながら、生徒の皆さんと同じ目線に立って共に成長中。

角 一夫(専任講師)

30歳の若さにして、ホテル日航大阪の和食寿司初代料理長に就任。最年少料理長となる。大阪府知事賞や大阪市長賞をはじめ、数々の賞や感謝状を受賞。世界的規模の料理コンテストでの受賞経験もあり、新聞や料理専門書などにも多く掲載されている。生徒個々の「隠れた本質=才能」を発見する指導を得意とする。

八木 敦(専任講師)

国内外のVIPをおもてなしする高級フレンチレストラン料理長として立ち上げから携わり活躍する一方、研究熱心で和食の経験を活かしたフュージョン料理を数多く生み出し、高く評価されている。未来の職人育成のため、斬新なアイデアを惜しみなく伝授してくれる頼もしい存在。